インプラント治療とは

インプラント治療とはimplant

インプラント治療とは

インプラントだからできる、
天然の歯と変わらない自由な生活

インプラントだからできる、天然の歯と変わらない自由な生活

歯科インプラントとは、失ってしまった自分の歯の代わりに人工歯根を埋め込み、機能も見た目も天然歯に限りなく近く回復させる治療法です。

当院ではCTを用いたシミュレーションを行い、安全確実にインプラント治療を行っています。

インプラントと聞くと「痛い」「腫れる」と思われていたり、「あごの骨量が少ないから出来ないと言われた」「総入れ歯だけど何本のインプラントが必要なのか?」など、様々な疑問やお悩みをお持ちのことだと思います。

当院では、それぞれの患者様に合った最善のインプラント治療法をご提案し、治療後のメンテナンスを受けて頂くことで、治療箇所の生涯保証をお約束させていただいております。

歯を失って悩んでいませんか?

ブリッジにしたら・・・

ブリッジにしたら・・・
  • ブリッジを作るために健康な歯を削られてしまう
  • ブリッジを支えている歯が痛んでしまい、結局抜くことになってしいまう
  • 健康な歯とブリッジの見た目が違って見える

部分入れ歯にしたら・・・

部分入れ歯にしたら・・・
  • 銀色のバネが見えて恥ずかしい
  • 口臭が気になる

総入れ歯にしたら・・・

総入れ歯にしたら・・・
  • ガタガタして、固いものが噛めない
  • 食事の際、入れ歯と歯茎の間に食べ物が入り込む
  • 歯茎が痩せてくるので、作り直さないといけない

インプラントなら、そんなお悩みを解決できます

インプラント治療によって、天然の歯とほとんど変わらない感覚で、物を噛んだり、会話を楽しむことが出来ます。

インプラント治療とは?

インプラント治療とは?

インプラント治療とは、何らかの原因で失ってしまった歯の代わりに、顎の骨にチタン製のねじを埋め込み、かぶせものをして人口の歯を作る治療です。

失った歯をこれまでと同じように機能させることが可能な、画期的治療法です。

インプラントの構造

インプラントは3部構成

インプラントは3部構成

インプラントの構造は右図のように、上部構造体・アバットメント・インプラント体(フィクスチャー)の大きく3つの部位に分けることができます。

上部構造体

上部構造体

インプラント冠(クラウン)、インプラントブリッジなど素材は様々なものがあります。ポーセレンを使ったものが一般的ですが、咬み合わせの特に強い方、歯ぎしりのある方などでは咬む面を金などの金属で覆ったものを利用することもあります。

アバットメント

アバットメント

設計によって様々な種類があります。上部構造をスクリューで固定する方法と、セメントで固定する方法によっても利用するアバットメントが異なります。

インプラント体(フィクスチャー)

インプラント体(フィクスチャー)

骨のサイズ、量、形態に合わせて様々な形のインプラント体が準備されています。

インプラントの利点

  • 自分の歯と同じ感覚で食べることが出来る
  • 口ものとコンプレックスの解消
  • 歯を失った部分のみを治療でき、他の歯に負担をかけない

お電話でも、Webフォームからでも、お気軽にお問い合わせください。
【お問い合わせ対応時間】9:30~18:30(土曜は17:30まで)

WEBフォームはこちら

0120-164-800

0942-39-0800