インプラント治療法の例

インプラント治療法の例case

インプラント治療法の例

骨が足りない、他院では難しいと言われた患者様も
ぜひ一度ご相談ください

当院ではお客様のご要望や症状に応じて、最適なインプラント治療法をご提案させていただきます。

フラップレスインプラント

非切開法によるインプラント治療でお客様の負担を最小限に

フラップレス術式とは、メスを使っての歯肉の切開や剥離、そして縫合をしない手術方法のことです。
通常のインプラント治療では、歯ぐきを切開して行いますが、この方法ではメスを使わない為に、痛みや腫れが少なく、治療時間も短縮できます。

インプラントの手術を行う前にCTスキャンを行うことで、 歯肉を切ることなくインプラント手術をすることが可能になります。

ソケットリフト法、GBR法

骨がない人でも、インプラントができる

インプラントを行うにあたり、インプラントを植立するための骨幅や骨の高さがない場合、そのままの状態でインプラントを行うと成功率は非常に低くなります。
適切な状態で植立してこそインプラントの長期安定が望めるのです。

骨が不足している場合は、骨が不足したところに特殊な器具や人工骨を用いることで、インプラント埋入を可能とします。

ソケットリフト法

ソケットリフト法は上顎洞底を挙上する方法です。上顎洞底までの骨の高さが5mm~8mmぐらいの場合にはソケットリフト法により埋入します。

ソケットリフト法は人工歯根を埋入するための穴からソケットリフターという器具で上顎洞底部の皮質骨とシュナイダー膜を同時に押し上げ、そこに作られた空間に人工骨や骨補てん剤を押し込み、人工歯根を入れる骨の厚みを確保します。

手術時間は短く、傷口が小さくて済みますので術後の腫れや痛みも起こりにくいと言えます。

GBR法(骨再生誘導法)

骨が不足している部分に、膜を覆うことで骨を作るスペースを確保し、その中に、骨のもとになるものを詰めて、骨の再生を促す治療法です。インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚み、幅がない場合、用いられるテクニックです。

インプラントを埋入するオペの前に必要な骨を作ってしまう場合もあれば、オペのとき、同時に行われることもあります。

GBR法(骨再生誘導法)を行うことで、今までインプラントを行うための骨が不足していた人でも、骨の量を増やし、治療が可能になるケースが増加しています。

ALL ON 4(オール・オン・フォー)

総入れ歯だけど、できるだけ費用を抑えたい方へ

総入れ歯の方をより少ないインプラントで機能回復するため、コストパフォーマンスに優れた、最近注目の治療法です。

以前は、総入れ歯の方の場合、インプラントを10~14本埋め込む手術が一般的でしたが、本数が多いと、手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用もその分かかってしまいます。

しかし、最近の研究で、特殊な技術を用いて埋め込めば、日常生活に必要な12本(片顎)の人工の歯を支えるために必要なインプラントは、4~6本にできることがわかったのです。必要最少本数(4本)で、上または下の歯をすべて支えることができる。これがALL ON 4(オール・オン・フォー)の考え方です。

この方法は欧米で普及してきており、患者様の費用、腫れ、手術時間や精神的な面でも負担を減らすことができます。

お電話でも、Webフォームからでも、お気軽にお問い合わせください。
【お問い合わせ対応時間】9:30~18:30(土曜は17:30まで)

WEBフォームはこちら

0120-164-800

0942-39-0800