予防歯科

予防歯科preventive dentistry

予防歯科診療のご案内

予防歯科とは

むし歯や歯肉炎・歯周病などお口のトラブルが起きる前に、それらを予防することです。
むし歯・歯肉炎・歯周病の予防はあらゆる病気を未然に防ぐことができ、全身の健康にもつながります。

歯が痛くないのに歯医者に行く?

歯が痛くないのに歯医者に行く?

私達が常に注目しているヨーロッパの歯科先進国では、治療よりも予防が中心です。「歯医者にはむし歯や歯周病予防のため、特に症状が無い時に検診やクリーニングをしに行く所」という考え方が一般的です。それがむし歯の早期発見につながり、歯を削ることが少なくなるため、痛みなどの身体の負担が少なくてすみます。さらに治療期間や費用を抑えられるなどのメリットがあります。当医院はすべてのクリーニングを保険診療で行っていますので、定期的なメンテナンスに来院される患者様がたくさんいらっしゃいます。

ご自身で行う予防

ご自身で行う予防

まずは患者様の予防の意識を高める事です。これが一番重要と言えます。お食事をすると、お口の中の細菌が糖分を分解し酸を生産し、酸は次第に歯を溶かしていきます。これがむし歯です。むし歯にならない為にも、食後歯磨きをして食べかすや歯垢を除去する事でお口の中を清潔にすることが大切になります。歯磨きはしっかりと磨いたつもりでも、自己流の磨き方が身についている方が多く、実際は磨けていない事があります。正しいブラッシングを身に着ける事が重要になりますので、歯科医院で歯磨きの方法を習った事がない方は是非歯科医院で正しいブラッシングを習得してください。また、お口の唾液には抗菌作用や歯の表面についた歯垢や食べかすなどを洗い流す作用(自浄作用)があります。ですので、よく噛む事によって唾液分泌を高める事がむし歯の予防にもつながります。

歯科医院で行う予防

歯科医院では皆様が普段ご自宅のケアで足らない所をサポートします。ブラッシング指導やむし歯の早期発見、プラーク・歯石の除去、フッ素塗布などです。また、歯並びや噛み合わせのご相談も行っています。

フッ素とは

フッ素とは

私たちは飲料水やいろいろな食品からフッ素を体内へ取り入れています。そして、そのフッ素は歯の質を強くし、むし歯に対する抵抗性を高める唯一の物質として認められています。しかし、フッ素を過剰に摂取してしまうと、歯が部分的に白くなってしまったり、骨硬化症になったりといった、さまざまな問題もでてきます。ですので、適切な濃度・頻度の使用が重要になります。

なぜフッ素塗布がむし歯予防に効くの?

その1.初期のむし歯の修復の促進

歯の成分であるカルシウムがお口の中にいる細菌の出す酸によって唾液の中に溶け出していきます。溶けだしたカルシウムは再び歯質に取り込まれて再吸収するのですが、この時にフッ素があるとこの吸収の手助けをして歯の修復を促進します。

その2.歯質強化

歯質強化

歯の表面の層の成分はリン酸カルシウムでハイドロキシアパタイトと呼ばれる結晶を作っています。この結晶は酸に弱く壊れやすくなっています。ここでフッ素がやってくると、酸に対して安定した結晶のフルオロアパタイトになります。そのため、歯質が強くなりむし歯になりにくくなります。

その3.むし歯菌の活動の抑制

むし歯菌の活動の抑制

フッ素には細菌の活動を抑制する作用があります。そのため、お口の中にフッ素が存在すると細菌が酸を産生するのを減少させます。この事もむし歯の予防に役立ちます。

フッ素を使用する方法

フッ素を使用する方法
  • フッ素洗口
  • 歯科医院でのフッ素塗布
  • フッ素入り歯磨き剤の使用

など

フッ素を使用する方法

こんな症状にお悩みの方、ぜひ一度ご来院ください。

  • 痛いのは嫌、歯医者は苦手。
  • むし歯や歯周病になりやすい。
  • 噛み合わせが悪い。
  • 発音が悪い、滑舌が悪い。
  • 歯並びは気になるけど、迷いがある。
  • お子様の歯並びに悩んでいる。

お電話でも、Webフォームからでも、お気軽にお問い合わせください。
【お問い合わせ対応時間】9:30~18:30(土曜は17:30まで)

WEBフォームはこちら

0120-164-800

0942-39-0800