歯周病の治療

歯周病の治療perio

歯周病の治療

歯周病とは

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯茎が腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。歯肉炎・歯周炎とも呼ばれています。日本の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。

歯周病の進行

健康な歯茎

健康な歯茎

歯と歯肉の間には溝(歯肉溝)があります。その深さはお口の中の健康を診るうえで、大変重要なものになってきます。健康な歯茎の状態ならば、溝の深さは3ミリ以内が目安となります。また、歯と歯の間の歯茎の形は三角形で歯茎の色は淡いピンク色(サーモンピンク)をしています。

歯石と歯垢

歯石と歯垢

磨き残しがあると歯垢(プラーク)ができます。歯の表面を爪でひっかいた時に白い物がついていると、それが歯垢です。歯垢とは食べかすや歯の垢(あか)ではなく、細菌の塊です。歯垢中の細菌は、食物中の糖分を栄養に増殖し続けます。歯垢の段階では歯ブラシで除去する事ができます。

ただし、歯磨きで歯垢が残っていると、次第に硬い石みたいになってきます。それが歯石です。歯石は下の前歯の裏側や、上の奥歯の外側に付きやすく、歯石になると歯磨きでは除去できなくなります。よって、歯科医院で専用の機械で歯石を取り除く必要があります。

歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石

歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石

歯肉縁上歯石とは、歯茎より上の部分に付着した歯石で歯茎の境目に沿って付着します。目で見える部位に付着しているので、機械を使用し比較的容易に除去できます。歯肉縁上歯石は表面がザラザラしているので、歯垢が付着しやすくむし歯や歯周病のリスクが高くなります。歯肉縁上歯石や歯垢が付着した状態が続くと歯茎が炎症を起こしてしまい、歯垢が歯と歯茎の間に入り込み、歯茎より下つまり歯肉溝内の歯の根っこ(歯根)に歯肉縁下歯石が付着してきます。歯肉縁下歯石は黒色でとても硬く、目には見えない部分に付着しているため、完全に除去するのは難しくなってきます。

歯槽骨の吸収

歯槽骨の吸収

歯肉縁下歯石にはたくさんの細菌が住んでいるので、歯肉の炎症は酷くなり、通常は密着している歯肉が剥がれてさらに歯肉縁下歯石が付きやすくなります。歯肉溝周囲の歯肉も腫れて膨らむため、まるでポケットの様な袋状の空間が出来上がります。これを歯周ポケットと言います。歯周ポケットは更に深くなり、やがて歯を支えている骨(歯槽骨)までも溶かしてしまします。

歯牙の脱落

歯牙の脱落

歯槽骨が溶けてしまうと、歯の支えが弱くなってしまうので、支えが無くなった歯は次第にグラグラと動揺するようになります。最終的には自然に歯が抜け落ちてしまします。このような状態にならない為にも、日頃の歯磨きと定期的なクリーニングが非常に大事になってきます。

歯周病治療の流れ

1.歯周ポケット診査、レントゲン撮影

まず、レントゲン撮影をして現在の歯周ポケットの診査を行います。
歯周病の原因は一人一人異なりますので、治療していく前に検査を行い一人一人に適した治療を行っていきます。

2.プラーク・歯肉縁上歯石の除去

プラーク・歯肉縁上歯石の除去

歯周病の原因は歯垢(プラーク)なので、プラークを除去し付きにくくする事が治療の基本となります。歯科衛生士による歯磨き指導や、歯間ブラシ・デンタルフロスなどで改善をはかります。
簡単に落とせる歯肉縁上歯石やプラークを除去して、歯茎の炎症が治まったら再度歯茎の検査を行い改善の確認をします。軽度の歯周炎の方はここまでで治療が完了します。

3.歯肉縁下歯石の除去

歯肉縁下歯石の除去

中等度~重度の歯周炎の場合歯石が深くまである為、取りきれません。このような場合では、外科的な治療が必要になります。痛まない様に麻酔をして、深い所に付着している歯石やプラークを除去します。場合によっては、歯茎を切開して行う事もあります。

4.メンテナンス

お口の中の細菌を完全になくす事は難しく、歯周病は再発しやすいので、治療完了後も定期的なメンテナンスが必要になります。再発防止には患者様自身によるケアだけでなく、定期的に歯科医院で検診や治療を受け、歯のメンテナンスを行う事がとても重要です。
当医院では患者様の歯石の付き具合や・歯茎の状態・患者様自身のケアの状態により定期検診の期間をお伝えしています。

お電話でも、Webフォームからでも、お気軽にお問い合わせください。
【お問い合わせ対応時間】9:30~18:30(土曜は17:30まで)

WEBフォームはこちら

0120-164-800

0942-39-0800