知覚過敏

知覚過敏hypersensitiyity

知覚過敏とは?

知覚過敏とは、むし歯でもないのに、冷たい物や酸味の強い物がしみたり、歯ブラシの毛先が触れると痛むといったような症状のことを言います。

図のように、歯の上部は非常に固いエナメル質に覆われ、中は象牙質、その中には神経(歯髄)が通っています。歯周病や加齢によって歯ぐきが下がったり、強い力での歯磨きなどにより歯が削れてしまうと、冷たい物や熱い物を口に含んだ時や、歯磨きの時の刺激が歯の神経に伝わり、しみたり、痛んだりするのです。この状態をそのまま放っておくと、歯磨きばかりでなく、うがいをするのも億劫になってしまいます。

知覚過敏とは? 右矢印 知覚過敏とは?

次の様な症状がある場合、知覚過敏の可能性があります。

  • 冷たい物、熱い物がしみる
  • 甘い物、酸っぱい物がしみる
  • 歯ブラシを当てると歯が痛む
  • 歯の付け根を爪で押すと歯が痛む
  • 歯ぐきが下がって歯の根が見える
  • 歯が長くなったように見える

知覚過敏の原因

  • 強い力での歯磨き、歯ブラシの動かし過ぎなど
  • 歯磨き粉の使い過ぎ
  • 硬すぎる歯ブラシの使用
  • 歯周病や加齢による歯ぐきの退縮
  • 歯ぎしりやくいしばり
  • 酸味食品の多量摂取
  • 歯の亀裂や破損
  •     

治療方法について

歯科医院での治療には次の様な方法が挙げられます。

薬剤を塗布する

歯の表面に薬を塗りこむことにより、外部からの刺激を遮断します。

詰め物をする

詰め物をして歯の表面を被覆し、外部からの刺激を遮断します。

その他

むし歯・歯周病・かみ合わせの治療など。

ご家庭での予防には次の様な方法が挙げられます。

正しい歯磨きをする

正しい歯磨きは、歯ぐきの退縮を防ぎ、歯が削れるのを防ぎます。
さらに歯の修復(再石灰化)を保進し知覚過敏を治します。
歯科医院で正しい歯の磨き方を習うのも1つの方法です。

歯磨き粉の使用量を減らす、一定期間歯磨き粉の使用をやめる

ほとんどの歯磨き粉には、研磨剤が入っています。
歯磨き粉の量が多いと歯が削れて知覚過敏の原因になることがあります。

知覚過敏を抑える歯磨き粉を使用する

歯磨き粉の中の薬用成分により知覚過敏を治します。

食事の改善

酸味飲料(ワイン・ジュースなど)や酸味食品(ヨーグルト・みかんなど)を
過剰に摂取すると、酸により歯が溶けて、知覚過敏の原因になることがあります。
そのような場合は、食事の改善も1つの方法です。

知覚過敏は身近な症状

知覚過敏は日本人の3人に1人が経験したことがあると言われる程、身近な症状です。
自分で気をつけることで症状が改善されることもあります。しかし、むし歯ではないからとそのまま放っておくと症状が強くなる可能性もあります。
気がついたら早めに歯科医院でご相談ください。適切な治療や予防を行いましょう。

お電話でも、Webフォームからでも、お気軽にお問い合わせください。
【お問い合わせ対応時間】9:30~18:30(土曜は17:30まで)

WEBフォームはこちら

0120-164-800

0942-39-0800